小学校入学準備でスクールグッズをセットで揃える事をおすすめする理由

小学校入学準備でスクールグッズをセットで揃える事をおすすめする理由
店長mau
小学校入学って、いったい何を揃えるの?!

私も長女の入学準備では四苦八苦しました

自身の3児の育児経験と、ショップ経験からアドバイスさせて頂きます♪

大変な準備を、そつなく短期間でしっかり済ませましょう!

小学校入学に向けて

日本の公立小学校では、概ね1月中旬から2月中旬にかけ、新入学児童保護者説明会が開催されています。冬真っ盛りの寒い時期、体育館などで行われ、就学前検診などと並行して行われる事も多い為、参加率も高い説明会です。

お一人目のお子さまの場合などは特に、ママも不安で、じっくり話を聞いておきたいものですが、生徒数の規模にもよりますが、数時間は所要し、ましてや、下のお子さま連れの場合は、長時間の説明会に飽き飽きして、走り回ってしまうお子さんもチラホラ・・・

ママとしても、事前確認できる事は、前もって知識を備えておきたいですよね。

知っておきたいポイント

必要な物は入学説明会で確認してからでも間に合います

例えば“巾着袋”ひとつでも、学校によって、または年度によって、規定寸法など、用意する物のサイズや種類も変わっている場合があります。

買ってから「アレ?使えないサイズ!」なんて事にならないよう、無駄な買い物をしないためには、説明会後の準備が好ましいです。

補足
万が一、先に購入してしまった場合も、学校によっては次回の買い替えからで構わないと、持参を許可される場合もあります。

先に買ってしまった場合は、焦らず、学校の先生に相談してみて下さいね!

説明会ではこんなメリットも

  • 学校内を体感できる
  • 校長先生や教頭先生に会える
  • 子どもの同級生やそのママに会える
  • 上級生(先輩ママ)や役員さんなどに会える

通っていた園の校区などによっては、小学校での同級生をあまり知らない場合もあるかと思います。

子どもは打ち解けるのが早いので、説明会中に、名前や顔を覚えて貰ったり、仲良くなれる事も。

参加することで、ママはもちろん、子ども達にとってのメリットは多いように思います。

で・す・が、、、

説明会で、並んでまで購入するアイテムは限られています

説明会では、物販スペースが設けられている事がほとんどです。文具類はもちろん、校章が入った帽子などの学校指定アイテムなどが販売されます。ただし、一斉販売の為に、混雑は避けられません。必要品に目を通し、ご近所のホームセンターや100円均一ショップでも買えるな、というアイテムは後回しでも大丈夫です。むしろ、その方が、お友達と同じにならないで済む事も多いからです。同じメーカーだと、低学年のうちは特に、お友達の物と間違えてしまう元です。また、学校指定品についても、販売店が近くにある場合も多く、これも後回しで間に合う場合があります。

店長mau
・・・とは言え、私も長女の時は、とりあえずしっかり聞かなきゃ!と、思い

資料見ればわかるやんと、言う 長ーいお話も最後まで聞きましたし、

いつ順番回ってくるやろ。。。という長蛇の列にも しっかり並びました

そして全て、後でもいけた という事実に打ちひしがれ(だって自分がインフルエンザで参加できない、って事も想定されます)

それに取られた所要時間 = 仕事できたやないか と、悶々とし、次女以降、資料は貰い、検診は受けますが、質疑応答や物販会に参加した記憶は無いです(^^;

育児や仕事で時間の足りないママさん! 不参加になってしまっても、安心して下さいね!

必要品の例

  • 算数セット(数の勉強で使う、おはじきやブロック、計算カードなど)
  • 体操着一式、それを入れるナップサックなど
  • 通学帽(黄色の帽子など)
  • お道具箱(机に入るサイズ)と中に入れる文具
  • 鍵盤ハーモニカ、バッグ
  • 粘土と粘土板、ヘラ
  • 図工の工作版
  • 防災ずきん
  • 座布団
  • レッスンバッグ
  • 上履き、シューズバッグ
  • 歯磨きセット
  • 給食袋(マスクやハンカチ、お箸など)
  • 下敷き
  • 筆箱と筆記具
  • 連絡袋、れんらく帳

など

例えば、色鉛筆は24色、下敷きは無地で、と、細かく指定されている場合もありますので、焦りは禁物です!まずは資料をよく見てから♪

手作りに向いている物

  • コップ袋、給食袋などの巾着類
  • シューズバッグ
  • レッスン(トート)バッグ

など

袋状の物は、比較的、初心者でも作りやすいです。

購入のススメ

さて、“後で大丈夫” と、散々繰り返して来ましたが、とは言え、入学式までには、ある程度の物は、揃えておかなくてはいけません。

上履きを、レジ袋に入れてのセレモニーでは、ちょっと恰好つかないですよね。

店長mau
これからお子さまが、6年間も通う、小学校での生活

スタートは是非、お子さまのお気に入り、気持ちが ぱぁっと明るくなるような持ち物で登校して貰えたらなぁ。。。

お家に居ても、お子さまと一緒の時間でも、現代は色々な情報を、インターネットの恩恵で、閲覧できる時代になりましたね。

「子どもの方が、スマホの使い方、こなれてる…」なんて声も、耳にします。

殆どのメーカーサイトで、商品の写真は掲載されていますので、ぜひ、お子さまと一緒に、好みの文具や雑貨を選んでみて下さい!

これは実体験でもあるのですが、例えば園児時代はアニメのキャラクターが大好きだったので、入学文具一式は、喜ぶと思ってそのキャラクターで揃えたよ!と、いざお子さんに渡してみると・・・浮かぬ顔(笑)実は、お子さん自身も、しっかりと「自分は4月から小学生!」と言う意識を持っていて、アニメキャラクターは恥ずかしい、なんて、こっそり思っている場合があります。

もちろん逆に、そろそろキャラクターは卒業かしら?!と、思っていたら、こんな普通のやつより、〇〇キャラがいい!!と言われる場合もあります。

ここは是非、お子様と一緒に相談して選んで頂き、満足のいくお買物をして下さいね!

以下はお買い換え頻度の参考に☆

頻繁に買い替える物

  • 鉛筆、消しゴム
  • 下敷き
  • 上履き
  • マスク(ゴムが伸びがちです)
  • 筆箱(個人差はずいぶんありますが、よく壊す子は頻度が高いです)
  • ノート類
  • 巾着袋(お洗濯頻度が高いため)

あまり買い替えない物

  • レッスンバッグ
  • シューズケース
  • ナップサック
  • 通学帽
  • 座布団、カバー
  • 防災クッション、カバー

セット購入をお勧めする理由

店長mau
長女、次女、長男の入学体験と、お客様の声から、私はスクールグッズはセット購入をお勧めします!
理由(文具、雑貨共通)
・同メーカー、ブランドなどのシリーズデザインなので覚えやすく、自分の持ち物が一目でわかる
・概ね必要とされる物がセットになっているので、ちょこまか買い回る必要が無い
・セットの方が、個別に買うより安くなっている事が多い
・コーディネートを作りやすい(他の物を揃える目安になる)

選ぶポイント

  • 色合わせはランドセル重視で・・・ランドセルは毎日必須ですから、ここにカラーを合わせていると、色配分が決まりやすいですよ♪
  • 長く使うのか、すぐ買い替えを想定するのか・・・1年生から6年生まで、子どもの好みはどんどん変わります。あまり買い替え無いアイテムなら、長く使えるデザインを。反対に、すぐに買い替えを想定するなら、流行に合わせるのもいいですね。
  • 持っている服に合っているか・・・制服登校で無い場合、普段着のカラーリングとちぐはぐにならないか、ぜひ、想像してみて下さい。物のデザインが好みで買ったけど、服装に合わないテイストだった、となるとショックですから!

 

一緒に入学準備の物を揃える機会も、やはり小学生がピークでは無いでしょうか?
使う持ち物はもちろん、お家の方と一緒に選んだ時間や、好みのバッグや文具を手にしたお子さまの嬉しそうな顔も、きっと互いの心に残る光景だと思います。

素敵な準備期間!OYABAKADOはいつも応援しております!(^^)!

chirol入園入学セット2018








小学校入学準備でスクールグッズをセットで揃える事をおすすめする理由




世界中に、ママの愛
OYABAKADOヤフーストア店

ママが考案・提供するスクールグッズが満載!あったらいいな、が見つかるお店。Tポイント貯まる♪使える♪







世界中に、ママの愛
OYABAKADO楽天市場店

ママが考案・提供するスクールグッズが満載!あったらいいな、が見つかるお店。楽天ポイント貯まる♪使える♪







ハンドメイドママ作家さん
OYABAKADOでハッピーなお仕事を♪

ハンドメイドアイテムの販売について、お気軽にご相談下さい★OYABAKADOは本気で挑むママを応援しています!LINE@からお気軽にご相談




ABOUTこの記事をかいた人

MAU

feafulovery代表・OYABAKADO店長 3児の母。子持ちの社会復帰の現実に打ちひしがれ 新たな働き方を模索しネットショップを立ち上げる。 同じ境遇の悩めるママ達が、限りなく明るい笑顔で 育児も仕事もできる世の中に!とママサポートに奮闘する毎日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です