シークレットサンタ

本日の京都は・・・
全国的に雨模様のようですね

個人的にはそんな嫌いでも無いんですが
チビちゃん達の送迎が大変です~

さて、先日某TV番組でアメリカのラリー・スチュワート氏扮する
“シークレットサンタ”のエピソードを拝見しました

すでに検索ワードも急上昇
色んな方のブログにも登場しているであろう話題ですので
今更・・・って方もいらっしゃるかと思いますので
簡単にエピソード紹介致します~

始まりはアメリカのとあるレストラン。
1971年11月、当時23歳のラリー・スチュワート氏は会社が
倒産し 路頭に迷う事になってしまったそうです。

あまりの空腹に耐えれず、ついレストランに入り
取り憑かれたように空腹を満たしたそうですが・・・
請求書を出されても、もちろん支払うお金など無く
なんとかその場を取り繕おうとしていたところ
一人の男性店員がラリーの横にしゃがみ込み
20ドル札が落ちていましたよ、と渡してくれたそうです。
お陰で、彼は会計を済ませ、店を後にしたそうです。

その後、懸命に働き、無事に結婚し子供も生まれ、幸せな生活を
手に入れたかに見えた…

が、しかし、1977年12月。
不況で会社が倒産しその日の食事代にも困るほど追いつめられていた
ラリーは貧しさのあまりに我を忘れ、銃を手に強盗をするつもりで
銀行に。しかし20ドル札を見てふと我に返り、またしても20ドル札
に救われ、思いとどまる事ができました。

そうして、その後も懸命に働き続けたのですが
1979年12月。会社の経営が思わしくないということで、
ラリーは解雇されてしまったのです。

幾度の困難に、もう助けてもらうあてもないと途方に暮れていたその時…

目についたとある売店で、彼はポップコーンを注文しました。
店員の女性はとても暗い表情で、違う商品とおつりをラリーに渡したそうです。
ラリーは彼女がきっと困っているのだと思い、おつりの中から20ドル札を
彼女に渡しました。困惑し、受け取れないと言う彼女に、ラリーは
クリスマスプレゼントだから、と言って手渡したのです。

この日は本当にクリスマス。受け取った彼女は本当に嬉しそうにお礼を言い
その時の笑顔がまた、ラリーをも明るくし、なんとそのままラリーは
銀行に行くと、なけなしの貯金を引き出し、白いオーバーオールに赤い服と
ベレー帽という姿で町に繰り出しました。

困っているような人や 貧しい人に20ドル札をクリスマスプレゼントと
して手渡す為に…。

それがシークレットサンタの始まりだそうです。

以来、正体を隠し続け、毎年クリスマスになると、シークレットサンタ
としての活動を27年もの間続けたそうです。

27年間で配った総額は150万ドルにもなったのです。

そして2006年、シークレットサンタがついにカメラの前で正体を明かしました。
なぜなら、その時彼は、食道ガンのため余命宣告されていたのです。
記者の方曰く、正体を明かしたのは、自らの命の宣告を受け、身近な人への
思いやりを広げて欲しいというメッセージを人々に送りたかったからだろうと。
ラリー・スチュワート氏

その反響はとても大きく2日間で7000通もの手紙やメールが
彼のもとに届いたそうです。

そうして、その年のクリスマスも彼は、病気を押してサンタの活動を行い
そのお陰で 多くの人々が笑顔でクリスマスを過ごす事ができました。

2007年1月12日、ラリーは58歳で静かにこの世を去りました。
しかしながら、彼の意思を継いだ多くの人々が、今年もまた
シークレットサンタとなり、街中をハッピーで包み込む事でしょう。

簡単に・・・といいながらも
ストーリーを語るには、むちゃくちゃ長文になってしまいましたね

突発的な善意の行動は、よくあるかもしれませんが、彼は27年
もの間、その活動をされた、、、何よりも継続する事の素晴らしさ
そしてその活動がこれほどまでに大きなハッピーの輪を生んだのだと。

悲しいニュースが溢れる現代で、とても心に響くメッセージが
こもっていました。

今年もきっと、世界の街角で。
小さなハッピーがたくさん芽吹いていると思うと、何かせずには
いられない思いに駆られます
あの日、レストランの店員さんが起こした小さなハッピー
あの日、ラリー氏が起こした小さなハッピーから大きなハッピーの輪へ
そんなエピソードが、見ていた私のココロもハッピーにさせてくれました











世界中に、ママの愛
OYABAKADOヤフーストア店

ママが考案・提供するスクールグッズが満載!あったらいいな、が見つかるお店。Tポイント貯まる♪使える♪







世界中に、ママの愛
OYABAKADO楽天市場店

ママが考案・提供するスクールグッズが満載!あったらいいな、が見つかるお店。楽天ポイント貯まる♪使える♪







ハンドメイドママ作家さん
OYABAKADOでハッピーなお仕事を♪

ハンドメイドアイテムの販売について、お気軽にご相談下さい★OYABAKADOは本気で挑むママを応援しています!LINE@からお気軽にご相談




ABOUTこの記事をかいた人

MAU

feafulovery代表・OYABAKADO店長 3児の母。子持ちの社会復帰の現実に打ちひしがれ 新たな働き方を模索しネットショップを立ち上げる。 同じ境遇の悩めるママ達が、限りなく明るい笑顔で 育児も仕事もできる世の中に!とママサポートに奮闘する毎日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です