子供のホスピス

先月の事になりますが

子供ホスピスの為の交流会が大阪で開かれた

という記事を今朝、目にしました。

こどもホスピスホームページ

childhospis.gif

英国オックスフォードで生まれたこの施設。

“ホスピス”と聞くと、すぐ、“終末期医療”の病棟だと

感じる私ですが、一般的なそれとは違い、子供のホスピスは

●難病の子を預かり家族に休息を与える「レスパイトケア」

●亡くなる際のみとりのケア

●子供を亡くした遺族のケア

という考えの元に設立されているそうです。

数年前、実母をホスピスで看取った事が思い出されてなりません。

治療が困難な病は、時に戦う姿勢すら無くしてしまうものかもしれません。

実際、母の病を経験するまでは、「ホスピス」と聞くと

諦めに繋がってしまうような・・・そんな

嫌なイメージに思えてならなかったのですが

実際に利用し、体感し、その“必要性”を痛感しました。

大きな敵に向かう時、そこに居る人達はとてつもない

疲労やストレス、不安を抱える事は切実です。

それらを少しでも軽減させる事で、限られた時間であったとしても

充実させる事ができるのだと私は心底感じました。

病状により、過程は様々ですが

その選択肢を考えなければならない分岐点に差しかかった時

ホスピスというのは非常に前向きな選択肢だったと

私自身は今にして思うのです。

日本にはまだ、子供ホスピスは現実として

誕生しておりませんが

こういった活動で、少しでも必要としておられる人々に

現実となる日が近づくように・・・と思わずにはいられない記事でした。











世界中に、ママの愛
OYABAKADOヤフーストア店

ママが考案・提供するスクールグッズが満載!あったらいいな、が見つかるお店。Tポイント貯まる♪使える♪







ハンドメイドママ作家さん
OYABAKADOでハッピーなお仕事を♪

ハンドメイドアイテムの販売について、お気軽にご相談下さい★OYABAKADOは本気で挑むママを応援しています!LINE@からお気軽にご相談




ABOUTこの記事をかいた人

MAU

feafulovery代表・OYABAKADO店長 3児の母。子持ちの社会復帰の現実に打ちひしがれ 新たな働き方を模索しネットショップを立ち上げる。 同じ境遇の悩めるママ達が、限りなく明るい笑顔で 育児も仕事もできる世の中に!とママサポートに奮闘する毎日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です